033010

twitterにいるとユーモアとか情報とかいろんなものをもらう代わりに、色濃いものが一緒の洗濯機で回っていると染まるし、強いものがいると毛羽立つのかもしれんなあ、など雑感。
少しだけ離れることにした。帰らなくても良くなる居所が別にできるかも分からない。関係者には伝えてるけどひとつ企画があって、それ発表するまで辞めないけど、発表したらどうなるか分からないのが正直な気持ち。ただ不思議なのは(今のところ)メリット/デメリットを天秤にかけるとメリットのほうが勝ってるところで、意外で少し寂しい。まあ好きなpostの人はRSSで読んでるからなのだろうけど、オレがそうなる必要は無い、という結論に。

twitterが辞められない一因は「口寂しさを紛らわす」タバコ的な部分と「それを共有できる」という場の部分と「自分がいない間にも何かが起きている」というバー的な部分が混在してるからだと思っている。どこかで誰か知らない人がくだらないことを言ってはツッコミが入り、うまいことを言ってはみんなでアハハと笑い、じんわり沁みる言葉をポロっと言うのを待っているのだ。その空気をとても愛している。

しかし休憩時間が劇的に減った上、仕事の能率が5割増くらいしてる気がする。いいのか悪いのかは判断しない。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。